よくある質問

お問い合わせ・ご質問はこちら

1.ACTの内容について

ACTプロジェクトって何ですか?
専攻や学年の枠を超えて音楽に関する制作業務を体験することのできる組織、いわば音大の中の「学生による音楽事務所」です。しかし、単に親しい学生同士の「ノリ」で事を進めるのではなく、卒業後に社会人として通用する知識や経験を積むために、教員・職員・助手・卒業生が複合的な体制で仕事の進め方(「名刺の出し方」「ビジネスメールのマナー」等にいたるまで)を指導します。参加学生は、自分とは異なる専攻・学年の学生とチームを組み、学外ホールでのコンサート(ホールチーム)、様々な場面での出張コンサート(エリアチーム)、学内Jロビーにおけるコンサート(ロビーチーム)、学内外の音楽情報の整理と発信(サイバーチーム)などの課題に取り組みます。卒業後のキャリアを真剣に模索する学生の参加を歓迎します。

ページトップへ

2.ACTへの参加について

ACTプロジェクトに参加してみたいのですが、どうしたらいいですか?
ACTプロジェクトで活動できる学生数は、全学でほぼ25名と限定されていますので、4月に説明会を開催し、参加希望者の募集と選考を行います。自分のプロフィールと参加希望理由等を記したエントリーシートを提出後、集団による面接審査を実施します。スケジュールはホームページおよび掲示により発表しますので、見逃さないように注意してください。

ページトップへ

3.ACTへのコンサートの依頼・企画について

自分でコンサートを開きたいのですが?
芸術祭における自主コンサート等のほかに、学内外で次のようなコンサートの可能性があります。
  1. Jロビーコンサート 演奏時間30分のプログラム 必ずピアノを使用
  2. ボランティアコンサート 依頼者の希望に応じた時間と内容のプログラム
  3. 土曜コンサート A200教室で開催 演奏時間1時間~2時間のプログラム 指導教員の承認および演奏委員会での認可が必要(平成20年度開始予定)
①と③の場合には、プログラムの内容について演奏者(代表者)が自分で企画原案を立てる必要があります。①と②の出演申込みと問い合せはACTの学生ホームページから行なってください。ACTプロジェクトの担当チームが、プログラム印刷・ポスター作成・広報・当日の進行(MCを含む)等をお手伝いします。
③の土曜コンサートに関しては、ACTプロジェクトではなく演奏委員会の管轄ですので、申込みと問い合せは演奏課窓口までお願いします。
コンサートのプログラム構成の仕方がわからないのですが?
最初は演奏可能なレパートリーを中心にプログラムを考えることから始めますが、次第にさまざまな曲やジャンルに関する知識を蓄積し、豊富な候補曲の中からプログラム全体のコンセプトに従った構成を考えるようにしていきます。
ACTプロジェクトでは全学生を対象として、特別講義やコンサート企画ゼミを実施しています。これらに参加することにより、コンサートに求められるプログラム内容についての知見を広めてみてください。
出張コンサートをお願いしたいのですが?
ACTプロジェクトではプロジェクト問い合わせ先に、日時・場所・対象者・希望演奏曲目等を、メールにて連絡くださるか、質問のフォームに依頼内容を書き込み、送信してください。お待ちしております。

ページトップへ

4.ACTの単位について

ACTプロジェクトの活動は授業としての単位はあるのですか?
これまでACTの活動は正課外教育として位置づけられてきましたが、平成20年度以降に入学した学生は、この活動を通して音楽キャリア実習Ⅰ・Ⅱ(各2単位)を取得することができるようになりました。ACTプロジェクト参加者として選考された学生のみ、履修届を出すことができます。
単位を取る学生と取らない学生が一緒に活動するのですか?
はい。この活動は「毎週一定の時間に授業に参加して、レポートや試験で評価を受ける」というかたちではなく、それぞれ担当のプロジェクトに応じたスケジュールで打合せや作業・制作を行なうものです。新しいプロジェクトの企画・立案、教職員・学外関係者や演奏者との打合せ・折衝、文書作成等、これまで活動してきた先輩たちとグループを組んで行動する中で学習しますので、授業として履修している学生が優先されるといったことはありません。
音楽キャリア実習Ⅰ・Ⅱの単位を取りたいのですが?
平成20年度以降に入学した学生は、4月に行なわれるガイダンスに出席し、所定の手続で参加希望を提出してください。ACTプロジェクト参加者として選考された学生のみ、履修届を出すことができます。
試験はありますか? 単位は必ず取れますか?
学年末の試験はありません。日常の活動状況について学外関係者の意見を参考にしながら、指導にあたる教職員が評価を出します。従って、履修届を出したままで日常の活動に参加していない学生は評価対象外となり、単位の付与はありません。

ページトップへ

5.ACTメンバーの就職について

ACTプロジェクトに参加した学生は必ず就職していますか?
プロジェクトへの参加をとおして就職を実現する人もいますが、自分の演奏の可能性をさらに追求するために演奏で進学する人、アートマネジメントを極めるために留学する人もおり、進路は一様ではありません。実際にこれまでのACTメンバーが就職した音楽系企業は、サントリーホール、ミューザ川崎シンフォニーホール、学習研究社、ソニー音楽芸術振興会、フォンテック、日本フィルハーモニー交響楽団等です。

ページトップへ

6.ACTへの卒業後の関わりについて

東京音大の卒業生ですが、このプログラムは在校生しか受けられないものですか?
ACT プロジェクトは基本的に学内を対象にしたプログラムで、プロジェクトの活動、あるいは特別講座とセミナーへの参加は学部在校生に限られています。しかし、将来的には特別講座、セミナー等を一般公開することなども検討しておりますので、ACTプロジェクトホームページなどの記事をチェックしていただければ良いと思います。
ACT プロジェクトにおいて、卒業生が何か協力することは可能ですか?
はい。現在も卒業生の中からは、一部の既に音楽業界で実務に就いておられる方を中心に、メンバーの身近でサポート・指導していただく立場として、数人に参画していただいています。

ページトップへ

7.その他

学外の者でも聴けるコンサートはありますか?
学内外で行なわれているコンサートの多くは公開ですので、学外の方でもお聴きいただくことができます。詳しい情報は大学ホームページ、ACTプロジェクトホームページを参照ください。また、大学主催演奏会につきましては、演奏課へお問合せください。

ページトップへ

以下の内容でメールを送信します






□在学生の場合:
学籍番号   例)2007-000(半角)
□卒業生の場合:
卒業年度   例)H20年度
お名前 姓  名  (全角)
メールアドレス (半角英数)
質問カテゴリー
質問内容

※質問に対する返答は、上に記入されたメールアドレスに返信いたします。

質問内容をこのページに公開することを
(ただし、個人情報は公開しません)




  • ACT Project 学生運営サイト
  • ACT Project 2005年~2012年アーカイブ